求められる事を把握する

May 13, 2018

 

今日はインストラクターさんからの相談で、

「そだね~」って納得いくディスカッション。

 

様々なスタジオでレッスンを掛け持ちするインストラクターさんも多い。レッスン時間や集客やレッスン内容でしばし、悩むこともあるでしょう。

 

お客様側の理由もあるだろうけど、それは1番の理由にはならない。そのクラスを選ぶかは

その方の判断だから。

 

では、何をしたらいいんですか?

 

掛け持つクラスは・・・

 

  • 1コインで2時間利用できる場所で、年齢層が65歳以上の初級クラス

  • 身体機能が異な方々が生活する施設

  • ウェイトトレーニングもバリバリできちゃうジム

  • プライベートレッスンができるピラティススタジオ

 

全部同じレッスンメニューでは成立しないのはわかっている!

 

キューングのトーンやスピードを変えないとね。

 

それもわかる。

 

じゃあ、お客様は何を買いに来た?

 

え? え? えええ??

 

買う?何を? 

 

いや、誰を?

 

あなたの1時間のレッスンだけを買いに来たわけではない!

 

ほほ~😲 なにっ!!??

 

レッスンの内容が楽しい事は当たり前の事なので、その方がそのスタジオ、施設を利用する時間全部をパッケージとして考えた時に、あなたのレッスンを含めて価値があるかどうか、っていう視点で

お客様はそのクラスを判断しているかもしれない。そういうのも含めて、

レッスンを組み立てないと集客は落ちる!魅力はないってことになる。

 

わああ、あの横で楽しそうなレッスン受けときゃ良かった~って

感じてもらう位の事を考えてプログラムを用意しなきゃね。

 

ということは分野の違うスタジオを掛け持ちする場合、ピラティス以外のレッスンの事も

知っておく必要があるってことですよね。

 

そだね~~ 

 

だからこと、われらのMerrithew™には多くの分野のワークショップがあるわけ、

単にCECの取得って考えたらもったいない!

 

エクササイズ内容は習得して当然だけど、ペースやテンポ、疲労感、達成感

いろんな意味で体感、体験しておくことが経験となる。

 

仕事を受け持たせてもらえる施設やジムやスタジオのコンセプトをきちんと理解して、

求めてられていることを把握して、レッスンを受け持たないといけないよね。

特に別の場所に足を入れる場合は、自分自身のキャラや所作をちゃんと取り替えないと

がさつだったり、いつもバタバタしてたり、粗雑な感じにみえるとさ、お世話になっている

ところの雰囲気を汚すことになりかねない。

 

そういう行動、判断ができるインストラクターになりたいね。

 

『そだね~~😍』

 

 

 

Thanks to M.S 様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 19, 2019

Please reload