共存共栄

February 13, 2018

 

身近に起こることや、経験、SNSやTVの情報、そして自分と周りの仲間。

時に共に対立せずに存在し、そして共に栄える。

 

共存共栄というのか。

 

今ある環境に置かれた自分自身と周りとのかかわり。自分だけを追い込んでいないだろうか。

自分だけ一生懸命になっていないだろうか、頑張りすぎていないだろうか、疲れ切っていないだろうか。そうなっている時は、自分自身では気が付くことができない。

 

周囲はそれをどうやって声をかけたらいいのか悩むこともある。

時に優しく、当たり障りなく。

それとも強烈な言葉で一喝か。

 

私は自分自身で何とかしてあげよう、やってあげよう。と思い込む傾向があり

(どうやら4歳児ぐらいからやっているらしい)

時にそれが、意外なことに相手にとっては大きな迷惑😁、余計なお世話だったりすることもある。

良かれと思ってやっていることが、相手には必要ない事だったりする場合もある。

最終、思い通りにならないと単に自分を追い詰めているだけになり、それを事に気づかされると

 

「なんだ、そんな事までしなくてよかったんじゃん」

「なんだよ、この疲れは。。。」

「はじめっから、言ってくれよ」(あ、始めってなんだっけ?、聞いてないわ)

 

ってなる。

 

じゃあ、どうすればいいんだろう。

 

これは、自分の行動をする前に相手がどうしたいか、どのように考えているか、

自分と異なる意見はどの部分かの話しをする、別にまじめなミーティングとかしなくていい。

 

これ、簡単そうなんだけど結構、家族ですら難しいときもある。

 

だからこれが、職場や家庭やその他、いろんな環境で様々な人間同士が関わる

社会で対立しないで、共に栄えるということが

簡単にはいかないことも何となくわかるだろうか。

 

性格もあるんだろうけど、

 

自我が強くてもダメだけど、意見を言わず悶々とするのもよくない。

自分のやりたいことと相手の良さ、強さ、面白さ、素晴らしさ。

それを合体させたらどんなことができるか。相手だってきっとこちらの良さ。

素晴らしさ、ちょっとした欠点、たぶん知ってると思う。

 

だからこそ、腹割って話すしかないのかもしれない。

そうしたら、大ゲンカになるか😱、新しいものが見えるか。。

 

共存できないことだってあるかもしれないですよね。世の中色んな考え方あるし、

でも「一匹オオカミ🐺」にはならないようにしないとね。

色んな方法で共栄はできるので、そうやって仲間を広げたり、

家族と仲良く生活できたりするのかもしれないですね。

 

さあ、頑張りすぎてるあなた。

思い切って、心身休めてみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 19, 2019

Please reload