姿勢ワークショップ 第1弾

January 30, 2018

 

 昨日は第1弾 姿勢のワークショップ 肩、肩甲骨、胸郭編を開催。

 

小さな部屋にギュウギュウ詰めで、

インストラクター仲間が参加してくださいました。

 

姿勢を見るといっても、止まった姿勢、エクササイズ中の姿勢をどのように観察するか

基本的な知識の復習とちょっと新しい視点で評価をすることで

今までになかったやり方でお客様とのレッスンを展開する。

 

特別解剖学的に強みがあっても、なくてもよい。

基礎の知識をしっかりとおさえ、物事の見かたはインストラクターによって違うから

自分の得意としている見方で十分。

 

またお客様によってもそんなに解剖学的なコメントを求めていない場合もある。

それを見極めること。

 

それから、ピラティスのワークアウトは全身を必ず見る大切さを知っていただけた様子。

一か所の姿勢がなぜ理想の姿勢とことなっているのか、理由は一つではないこと。

またそれらを直接的にアプローチする場合と、別の部位からアプローチすることの選択、

さらには、どんな場合でも修正、モディフィケーションしたら必ず様々な関節が変化している

ことを目で確認することなど。多くの情報をお伝えしてみました。

 

皆さんが一生懸命に勉強する姿を改めて素晴らしいことと実感できつつ

自分自身の知識や技術もこれからもっと上げていくことを決意!

 

これからのワークショップもチェックしてみてくださいね~

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 19, 2019

Please reload