ワークショップの妄想、毎日

November 24, 2017

来年は毎月月末に可能な限り、ワークショップを開催する予定です。

よくあるブログをカフェ投稿ではなく、考えるために来たのでもなく、

コーヒーを飲みたかったという理由だけ。それはそれは美味しかった~ おいしすぎて、手元が狂ってお約束のようにテーブルにこぼす。。

 

そんないい時間には、頭が働きます。

今年後半、インストラクターからは「やっぱり解剖学ちゃんとやりたいです」のご要望がかなり、

出てました。かといって骨や筋の名前を覚えるだけではレッスンにはあまり活用、応用できない

ということもピラティスインストラクターの皆さんはご承知ですよね。

 

なので、姿勢の見かたのポイントから骨格をどう見てるのかとか、筋同士の働きによってエクササイズの姿勢はどう変わるのかとか、ある関節がどうしても動かせない、例えば肩を痛めたとか股関節が人より動かしにくい人がいて、そうしたときに起こりうる他の身体の部位への影響はどの位広がってしまうのかとか。。。。上げたらきりないんですけど。

あらゆる想定をするなかで、どこから、どんなエクササイズをはじめるかを決める、それで始めるに当たって結局、理解していないのは解剖学的な事なのか、エクササイズそのものなのか。それをしっかり見極めることを可能にする!

 

という妄想段階ですが、そんなワークショップを企画中です。もちろん、概念的なベースはIdetsu発想のワークショップですが、みんなが考えるワークショップにしていきたいですね。

 

 

東京開催以外でもテーマは同じく対応しているので外部講演も興味ある方はご相談ください。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 19, 2019

Please reload