エクササイズに至る過程


さてさて、毎日身体の改造計画中のIdetsuです。

やりすぎて、あちこちが痛い。。。

これもワークショップの資料となるのです。

といいますのも、皆さんがいま指導している教科書に

載っているエクササイズに至るまでの過程。

エクササイズの指導は授業で習いますけど、

どうにも、こうにもできないポジションってありませんか?

自分自身もそうですけど、クライアントさんの身体の状況によっては

そのエクササイズって。。無理じゃないか??

だからこそ、あの!かの有名な!

「モディフィケーション」三昧な方法を勉強したわけです。

が・・・しかーし~

まだ足りない。何が足りない。

そうですね。。

つまり、今の目の前で起こった現象は

なにかの原因で起こった「結果」

を見ていることになります。

つまり、

原因(○○が硬いからだ!/▲▲筋が弱いからだ!)を決める前に

その途中の身体の動きとそれを邪魔する

出来事を探さないとならないんです。

クライアントさんのまたは自分の身体に

「一体、何が起きたんだ!?」をまず知る事が必要。

なんです。

進行中の私のワークショップの為の身体改造計画は

いちいち、細かいですけど、

そんなこと言っても、難しいですけど。

あえて言わせてくれ!!

解説するぜ!!っていう日々です。

その細かい経過を解説してみることで、

順番(その人に起きた出来事)を整理して

結果的に起きている現状まで説明すると、

インストラクターさん、めっちゃスッキリするみたいです。

そのために、自分の身体は毎日

人体実験みたいなことになってます😊

#自分 #ピラティス #理学療法士 #ワークショップ #解剖学

​PILATES STUDIO R

  • Facebookの - ホワイト丸

トップへ戻る

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now