• Keiko.Idetsu

学びの意味


みなさん、元気に過ごされていますか。

秋になり、「断捨離」を済ませた母からいいもの見つけたよ。

と手渡された小学1年生から中3までの通知表😂

とにかく、先生方の評価欄に「リーダーシップ」「聞き上手」「クラスメートを助ける」

「体育抜群!」などなどお褒めの言葉が並ぶ一方、

低学年から「家庭学習の量が減ってます」「分数、割り算が苦手です」

「成績が少し下がってきました」という全く勉強というカテゴリーを

気にしていないことが判明(笑) 

確かに勉強を目的に学校に行っていた記憶はない。。

おいおい、低学年から勉強する意味、やっぱり理解していなかったのね~

基礎ライン、現時点であまり変化してない!?

路線は一緒なのね。と家族で爆笑。

今の職業(理学療法士やピラティス)を通して、身体の構造や心の取り方、

持ち方、人はなぜそのような思考で物事をとらえるんだろう。

という興味関心がわき、勉強する意味、学ぶこととは何か。

をいまさら改めまして「こんにちは」状態です。

母は自分は学(教養)がなかったから、勉強をする意味、目的などは教えて

あげられなかったと悔やんでましたが、その反面、周囲とのかかわり方とか、

相手がどう思うのか、社会的に恥ずべきことなどは何となく聞かされていたように

思うのでありがたかった教育方針(そんなかっこいい名ではなく、結果自由人が育った)

私の突拍子もない行動力には「恐ろしい。恐ろしい、

よくそんなことができるもんだ」と常に言われてます。

心配半分、自分には到底できない気持ち半分らしい。

やってみないとわからない。

実際に目や感覚、気持ちで確かめないとわからない。

私は要は体張って、体験する方が学ぶ意味があったというスタイルのようです。

皆さんの子供の頃の教育方針、または子育てしてみて感じることって

たくさんありますか?

#おもしろい話 #自分

35回の閲覧

​PILATES STUDIO R

  • Facebookの - ホワイト丸

トップへ戻る

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now